search
  • サインイン
    サインアップ
  • カスタマーサポートは英語のみでのご対応となります。

    フリーダイアル(アメリカおよびカナダからのお電話のみ):
    1-800-464-1640

    国際電話:
    +66-39303404

  • 言語を変更する
  • USD

オパールの宝石の情報

GemSelectでのオパールの宝石
自然のオパールの宝石

オパールの基本的な情報

乳白色(Opalescent)は発音しやすい言葉でしょう。明るさ、輝き、きらめき、輝き、きらめき、光沢、玉虫色など、多くの美しい意味で構成される美しい言葉です。その言葉はどのように生まれたのですか? おそらく、乳白色の背景から飛び交う炎のような赤い色、暗闇の中で踊るメタリックな青色、前後に手を振るネオングリーンの色である、オパールによって表示される見事な色の演劇を説明する他の方法がなかったからでしょう。オパールのようなものは絶対に存在し得ませんでした。

歴史の初期から人間を飾った宝石はほとんどなかったが、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、真珠と並んでオパールは人限を飾った宝石だと言われています。 オパールを回転させるか、ある角度に動かすと、虹の色を点滅させます。 この現象は、「色の遊び」として知られています。 これらの貴重な石は、多くの場合、最大20%の水を含み、岩や粘土の層、さらには化石の中の亀裂に形成されたシリカと酸素の小さな球で構成されています。

オパールは、多くの人々によってすべての宝石の中で最も美しく面白いものだとみなされています。理由としては、オパールが動かされたときに神秘的な「色の遊び」が表示されます。 この現象に加えて、さまざまな色の輝きと多様性があります。

オパールの色

オパールの色の範囲
オパールの色の範囲

オパールの色を説明するのは簡単なことではありません。 オパールは虹のすべての色を持っているが、これらの色は虹のようなきちんとしたパターンに整理されていません。 これらの色は、最も明るい色の塗料を使用した抽象絵画に似ています。

基本情報から始めましょう。 オパールは、(大まかに)「貴重なオパール」と「一般的なオパール」の2つのタイプに分けられます。 貴重なオパールは「色の遊び」の効果を表示します。これにより、貴重なオパールは非常に有名になり、人に望まれます。逆に、一般的なオパールにはこの特性がありません。しばらく、一般的なオパールについては忘れましょう。

貴重なオパールは、他の3つの主要なタイプにさらに分けられます:ホワイトオパール(最も一般的なタイプの貴重なオパール)、ブラックオパール(暗い背景に対して色を示す)、およびファイアオパール(一般的に明るい黄色、 オレンジ色または赤色)。

さて、オパールはどのように色を得たのですか? オパールの色は2つの部分で構成されます。石のシリカ構造内の不純物によって(ほとんどの宝石と同様に)形成された背景色は一つ目の部分です。

次に、オパールの色を構成する2番目の部分は、宝石のシリカ構造によって形成された「色の遊び」です。 オパールは、数百万個の硬いシリカの小さな球体(サイズのすべて異なるピンポンボールの箱を想像してください)が互いに重なり合っています。 光は球体に当たり、さまざまな角度で跳ね返り、オパールにユニークな外観を与える眩しい光のショーを作り出します。

オパールにはさまざまな色があり、同じ宝石に多くの色が含まれています。 そのため、オパールの希少性と最も価値のある色を決定することは大きな課題です。

赤は一般的に最も希少で人気のある色であるため、価値の高い色だと考えられています。 これは、オパール内の球体が大きいほど、赤い色が多く見られ、球体が大きいほど一般的でないためです。 色の希少性は虹の順序に従う傾向があり、赤とオレンジの色は最もまれで最も高価な色とみなされ、緑と青の色はあまり珍しくないとみなされます。

この珍しい赤の色をあまり一般的でない黒の背景に追加すると、最も尊敬されるオパールの宝石が得られます。 もちろん、宝石の価値を高めるために、色と模様の密度を上記の組み合わせに追加する必要があります!

一部の鉱山では、鉱山労働者のオパールを評価するために毎週委員会があります。 いくつかの採掘シーズンでは、宝石の専門家がカラットごとのオファーに基づいて宝石を個別に選択し、価格を設定します。 その後、これらの価格を組み合わせて平均の価格が設定され、この価格がその週のカラットあたりの価格になります。 経験を積んだ鑑定人の間でさえ、人から人への違いは顕著であり、これはオパールを評価することがどれほど難しいかを示しています。

オパールの模様

まばゆいばかりの色と一緒に、オパールも特定された多くのパターンを持っています。 もちろん、すべてのオパールには異なるパターンがあるが、色と形の際立った配置がいくつか観察されており、一部のパターンは他のパターンよりも認識され、賞賛されています。

最も評価の高いパターンはハーレクインと呼ばれます。これは、モザイクまたはチェッカーボードのパターンと同じように、各色の区分がほぼ同じサイズと形状を持つ色の大きなセクションを意味します。 真のハーレクインの模様は非常にまれであり、よく求められています。

その他のよく注目される模様は次のとおりです。

敷石
敷石の模様は、直線の端のランダムのパターンを持つ色の大きな部分を意味します。
わらの模様
わらの模様は、色が重複するランダムな薄いリボンで構成されています。
中国語の執筆
中国語の筆記の模様は、中国語の文字のように見える重複した色の細いストリップで構成されています。
ピンファイア
ピンファイアは、小さなドットまたは色の斑点で構成されています。
花柄
花柄は花のような模様です。
ブロードフラッシュ
ブロードフラッシュ模様は、石の回転に伴って点滅する色の大きな部分で構成されています。

オパールの品種

前述したように、「一般的なオパール」と「貴重なオパール」の2つの基本的なタイプのオパールがあります。 貴重なオパールはさらにいくつかの他のタイプに分けられます。

オパールの色を説明するのと同じように、オパールの膨大な種類について議論するときにも混乱を招く可能性があります。 人口のオパールを除き、現在20種類以上の有名な天然オパールがあります。 オパールの物理的な形状をさまざまなものとして含めると、さらに多くのことができます。できるだけ複雑にならないようにし、より馴染みのある品種に集中していきます。

最初の品種はブラックオパールまたは時々ダークオパールで、これは最も希少で最も価値があります。 黒という用語は、一般的な背景色を指します。この背景色は完全な黒ではないが、確かに暗いベースの色合いです。 この背景に反して、最高級の石に見られる無数の「色の遊び」があります。 これらの貴重な宝石のほとんどはオーストラリアで発見されているが、エチオピアでもいくつかのサンプルが見つかります。

ブラックオパールの色の範囲
ブラックオパールの色

次に、最も一般的な種類の貴重なオパールであるホワイトオパールまたはライトオパールがあるが、それでも独自の方法で美しいです。 白、乳白色、さらには透明な色を持っているため、これらのオパールはそれほど大胆ではないかもしれないが、色の遊びは驚くべきものです。

ホワイトオパールの色の範囲
ホワイトオパールの色

別のよく知られている品種はファイヤーオパールで、その名前が示唆するように、これはオパールの黄色、オレンジまたは赤の品種です。 これらの明るい石はオパールだが、通常、他のタイプのオパールに見られる目を引く色の配列はありません。 ファイヤーオパールが色の効果を示す場合(通常、石の奥深く)、それらはプレシャスファイヤーオパールまたはジェリーオパールと呼ばれ、実際にまれです。 メキシコはほとんどのファイヤーオパールの供給源だが、オーストラリアでも少量のオパールが生産されています。

ファイヤーオパールの色の範囲
ファイヤーオパールの色

他の最も貴重なオパールと同じように幅広い色で現れるボルダーオパールを聞いたことがあるかもしれないが、この特定のタイプのオパールは、それが形成された岩にまだ付着しています。 背景の岩はオパールの美しさを作り出すのに重要な役割を果たします。暗い背景がする石のボルダーオパールが最も人気があると考えられています。

ボルダーオパールの色の範囲
ボルダーオパールの色

マトリックスオパールは興味をそそる宝石です。 オパールの斑点は、砂岩や鉄岩などの岩に見られる小さな孔や穴に染み込んでいます。 オパールが点滅する色の斑点と渦巻きを示すことができるように、岩は切断され、磨かれています。

他のオパールのカテゴリーには、コロイトオパール、ヨーワナッツ、樹状オパール、オパールウッドオパール、ハイアライトオパールが含まれます。 オパールは原産国(ペルーオパール、タンザニアオパールなど)にちなんで命名することも、色(ピンクオパール、ブルーオパール)にちなんで命名することもできるため、このリストにはさらにほかの種類があります。 確かに、オパールは色、サイズ、起源、色、パターン、自然なデザインが多くあるでしょう。

また、実験室には天然オパールと同じ化学組成で作られた合成オパールがあり、プラスチックで作られた模造オパールもあります。 それらが明確に識別されている限り、問題はありません。 次に、複合オパールがあります。これは、ブラックポーチ、アイアンストーン、またはビトロライトなどの裏材料に取り付けられた実際のオパールです。 これは、ダブレットと呼ばれるものでブラックオパールを模倣する複合オパールです。 また、前面と背面に保護クリスタルドームがある別のタイプの複合オパールがあり、このタイプのオパールはトリプレットオパールと呼ばれます。

オパールの明快さ

明快さは、宝石の透明度と内部傷がないことを説明しています。 通常、宝石が透明であればあるほど価値があります。 もちろん例外もあるが、これは宝石の一般的なルールです。 オパールは特別な石であるため、これらのルールとは少し異なります。

オパールは、透明度、半透明度、または不透明な明快さに基づいて分類される傾向があります。 しゃれを許せば、よく見てみましょう。

貴重なブラックオパールの場合、この宝石には色を見せるために不透明な背景が必要なので、透明度は問題になりません。 クリスタルオパールの場合、色のプレイが見えるように、できるだけ明確にする必要があります。 曇りまたは乳白色のオパールは、色の遊びの効果を低下させる可能性があり、これにより宝石の価値が確実に低下します。

ボルダーオパールは、自然に発生するオパールのスライスまたは層で、岩の裏打ち層があります。 マトリックスオパールでは、オパール素材はほとんど別の岩に含まれています。 したがって、明確さと包含は問題ではないが、これらの特定のオパールをユニークで魅力的なものにします。

オパールは非常に湿った宝石で、一部の標本は最大20%の水で構成されています!

オパールが日光または極端に乾燥した状態に置かれた場合、宝石の内部の水分が蒸発して、ひび割れと呼ばれる石の亀裂のネットワークが残ることがあります。 ひび割れは処理でのみ修正できます。

オパールは何を象徴していますか?

オパールは情熱的な石であり、欲望、欲望、誘惑に関連付けられ、抑制を解放し、愛を刺激します。 さらに、理想的なパートナーを惹きつけ、魅力を高め、関係を強化するために役立つ宝石です。

色は、宝石の精神的な力を決定する重要な要素です。オパールは虹のすべての色に含まれているため、所有者の精神的で肉体的な健康に幅広い影響を与えることができると言われています。

チャクラ瞑想

チャクラはあなたの体のエネルギーの中枢であり、「気」または「プラナ」とも呼ばれます。 体全体に7つのチャクラがあり、それぞれが特定の身体的、感情的、または精神的な状態に影響を与え、それぞれに関連する色があります。 7つのチャクラは次のとおりです:クラウン(紫色)、サードアイ(藍)、喉(青)、心臓(緑)、太陽神経叢(黄色)、神聖(オレンジ)、根(赤)。

オパールの宝石の中で最も支配的な色は、どのチャクラに最も影響を与えるかを決定します。

ファイヤーオパールは、情熱を呼び覚まし、創造性の流れを生み出し、変化を促進し、進歩を促し、この世界に影響を残したい人を助けることで知られています。 牛乳や一般的なオパールは、心を落ち着かせ、清掃するのに効果的であり、子供や母親が平和な雰囲気を作るために使用されます。

さて、オパールの無数の種類のそれぞれのタイプが異なる影響を持つことがわかったでしょう。 全体的な精神的な石として、オパールは所有者の感情を表面にもたらし、自己信念を促進し、所有者の完全な能力を達成するのを助けます。 さらに、オパールは所有者の独創性を刺激し、芸術への関心も促します。

オパールはカルマ、バランス、正義、調和の石であり、私たちが何かを配ったときに見返りも受け取ることを教えてくれます。

オパールの健康上の利点

オパールは長い間、目の健康に関連しています。 オパールエリキシルを使用して洗眼すると、目が痛くなるので驚異的です。 オパールは、体内のインスリンを調節し、肝臓を解毒と再生するために役立ちます。 オパールは出産とPMSを助け、膀胱、腎臓、リンパ節を刺激します。

オパールは、腰と腹部の筋肉の緊張と痛みを和らげます。 オパールは記憶を刺激し、神経終末を刺激し、パーキンソン病などの障害を治療できる可能性があると報告されています。 不安やパニック発作に苦しんでいる人は、おそらく彼らとオパールの宝石を保持するべきです。 一方、オパールは、瞑想の前に心を落ち着かせ心を整えることができる瞑想の石と考えられています。

オパールの価格

オパールの価格の表

品種 重量の範囲 価格の範囲/米ドル

ブラックオパール

1カラット以上

15ドルー40ドル/カラット

オパール(オーストラリア)

1カラット以上

20ドルー1000ドル/カラット

オパール(エチオピア)

1カラット以上

20ドルー200ドル/カラット

ファイヤーオパール

1カラット以上

15ドルー100ドル/カラット

ボルダーオパール

1カラット以上

5ドルー300ドル/カラット

オパールダブレット

1カラット以上

10ドルー100ドル/カラット

キャッツアイオパール

1カラット以上

2ドルー15ドル/カラット

前述したように、オパールの価値を評価するのは簡単なことではありません。 オパールの評価を決定する要因をより深く見てみましょう。

評価の第一の基準は色です。 オパールカラーのセクションでは、ブラックオパール、ボルダーオパール、ファイアオパールが最も価値があると述べました。 これらのタイプの中で、支配的な赤の色相が最も好ましいと考えられています。 色を見るときの方向性も重要な評価の要素です。 オパールは、見ている角度に基づいて色を変えることができます。 いくつかのオパールはどの角度でも幻想的に鮮やかに見え、これらの石は非常に価値があり、他の宝石はある角度からは壮観に見えるが、別の角度からは見るとそんなに魅力的ではないため、その価値が低下されます。

オパールの価格設定で最も重要な要素は色の再生です。 オパールの購入を検討する際、特にこの色の効果を表示できる石の割合について、いくつかの点に留意してください。 他の点では平坦な色の石にある小さな鮮やかな部分は、表面全体に色を均一に分布させるよりも価値がありません。 また、色の強度、色の範囲、または支配的な色もご配慮ください!

次に、オパールの模様について話しましょう。すべてのオパールは異なって見えるが、いくつかの認識された模様があります。 ハーレクインの模様は最も高価です。 これは、オパールの表面を横切る長方形または菱形の繰り返し模様です。特に赤いハーレクイン模様が最も理想的です。 他の注目すべき模様には、竹の葉、漢字、花柄があります。

ブラックオパールとボルダーオパールのベースボディ色合いは最も重要な要素であり、この色合いが暗いほど宝石の価値が高くなります。 次に、基本色の上にある色の明るさ、またはクリスタルオパールの色の明るさだけを考慮します。 ご想像のとおり、色は明るいほど良いです。

次に、オパールの形状を検討します。 オパールは、あらゆる種類の奇妙で素晴らしい形で発生します。この荒い宝石を最大限に活用するのが宝石職人の仕事です。 最も一般的なカットは、カボションと呼ばれる低、中、または高のドームの前面を持つ単純な楕円形です。 それらは、多くの場合、宝石片にきちんと収まる調整済みサイズにカットされます。 特に支配的な赤い色と高いドームを備えた、多くの色の遊びのある楕円形への大きなブラックオパールカットは、最も求められており、最も価値があります。

天然オパールはこのような奇妙な形で発生するため、非常に面白い形にカットできます。 想像力豊かな宝石職人は、フリーシェイプオパールと呼ばれるものにいくつかの素晴らしい宝石を作成できます。 ボルダーオパールは、目を引くリング、ペンダント、または装飾品を作るために、印象的な自由な形にカットされることがよくあります。

オパールは、多くの場合、ファセットカット(複数の平坦な表面でカットされることを意味する)ではありません。これは、オパール内の色の影響を軽減するためです。 しかし、透明または半透明のオパール、特に明るい色のファイヤーオパールは、ファセットカットすることができます。

含有物は、オパールの価格を評価する時に考慮すべき次の事項です。 ほぼすべての宝石と同じように、内部に亀裂のある宝石、特に表面に達するものは避けたいと思います。 オパールが透明であればあるほど、色の遊びが高く評価され、下の眩しい色のガラスのような窓が最も価値があります。 特定のケースでは、自由な形のセンターピースを作成する時に、有機物や珍しい鉱物などの面白い介在物がメリットになる可能性があるが、ほとんどの宝石と同じように、宝石の透明性は非常に高く評価されている特徴です。 このような種類の配列を使用すると、さまざまなレベルの透明度を備えたオパールをお得な価格で入手できます。

オパールの採掘源は、価格にあまり影響を与えてはいけません。 良い宝石は、それがどこから来たとしても良い宝石です。 しかし、一部の鉱区は他の鉱区よりも高い評価を得ており、オーストラリアとエチオピアは他の鉱山よりも際立っています。 特定の水源からのオパールはより高い含水量を持ち、したがって、ひび割れまたは割れやすい傾向があると言われます。しかし、オパールを評価する時に、その採掘源ではなく、オパールの特性を配慮するべきだと考えられます。

オパールのサイズはもちろんその価格に影響を与える可能性があります。 大きいものはすべて、常に小さいものよりも高価になります。 しかし、サイズのために色と明瞭さの重要性を無視しないでください。

オパールの歴史

有名な人類学者のルイス・リーキーは、1939年にケニアの洞窟を探検したときに、初期の人間の証拠を発見しました。 彼は紀元前4000年、6000年以上前にさかのぼる貴重なオパール人工物の顕著な発見をしました!エジプトのピラミッドが建設される数千年前、人間はオパールで貴重な宝石を作りました。

「オパル」という名前は、ギリシャ語の「オパリオ」とローマ語の「オパルス」に由来しています。 両方の言葉は、実際には「宝石」を意味するサンスクリット語の「ウパラ」から来ました。

それらのケニアの洞窟で働くオパールの発見から判断すると、エチオピアはおそらくこれらの貴重な宝石の初期の供給源であったが、古代世界の主な供給源は東ヨーロッパとトルコでした。 メキシコとオーストラリアで発見された1800年まで、それは非常にまれな石のままでした。 今日、貴重なオパールの95%はオーストラリア産です。

オパールはどこで見つかりましたか?

地球

オパールの鉱山は、メキシコ、ブラジル、ホンジュラス、アメリカのアメリカ、アフリカのエチオピアにあるが、オパールの大部分はオーストラリアで採掘されています。

世界のオパールの90〜95%はオーストラリア産です。 オーストラリアのオパール採掘の歴史は、1849年にヨハネス・メンゲが南オーストラリアで一般的なオパールを発見した時点から始まりました。

1800年代後半から1900年代初頭に貴重なオパールが徐々に発見されて初めて、特にヨーロッパ人がその品質を理解して購入し始めたとき、オーストラリアのオパールに関するビジネスが本格的に始まりました。

現在、世界最高のオパールは、ミンタビー、コッパーペディ、アンダムーカ(南オーストラリア州)、ホワイトクリフスアンドライトニングリッジ(ニューサウスウェールズ州)、ウィントンアンドキルピー(クイーンズランド州)など、オーストラリアの有名な採掘現場で見られます。 鉱業は決して簡単な職業ではありません。 確かに、オーストラリアの奥地の砂漠や山で貴重な宝石を掘るのは非常に大変な仕事です。

約1億年前、現在オーストラリア中部にある大規模な浅い海がありました。 この海はオパールを作るのに必要な水を提供しました。 この水域の海岸で、北でボルダーオパールが発見され、東でブラックオパールが発見され、南でホワイトオパールが発見されました。

オパールはどのように形成されましたか?

オパールがどのように形成されたかをめぐる議論は今日まで続いており、ホワイト、ボルダー、マトリックス、ファイヤー、ヨーワナッツなどの品種や、化石オパールでさえ非常に異なっているように見えるが、これは驚くべきことではありません。 最も信じられている仮説は、オパールはさまざまな岩層の亀裂に水が浸透して形成され、残っているものがシリカゲル状の物質になるまで蒸発し、それが何百万年もかけて硬化し、オパールの形に変わるというものです。

オパールは処理できますか?

基本的に、すべての宝石は何らかの方法で処理されます。特に、粗い岩が地球から採掘される場合、その美しさを表示したり、評価したりできるように、切断して研磨する必要があります。 しかし、色の増強、加熱、塗装、染色、樹脂とワックス、油塗りまたは化学薬品の塗布など、外観を改善する場合もしない場合もあります。 そのような治療法の有効性と倫理について意見は異なるかもしれないが、すべての情報を潜在的な買い手に伝えなければならないことは間違いありません。

一般に、オパールは未処理の宝石です。基本的な切断と研磨でのみ処理しました。

ブラックオパールは、最も高価なオパールです。 どんな処理も、この宝石の闇を強調しようとするでしょう。 オパールを喫煙すると、煙の粒子がオパールの毛穴に入り、背景色が暗くなります。 別の方法は、何らかの形の酸または砂糖でオパールを調理し、再び宝石の背景を暗くする炭素を生成することです。

別の形式の処理(宝石商が好む)は、ダブレットとトリプレットを生成するためのスライスとダイシングのオパールです。 このようにすることで、オパールは人為的にあまり変更されないが、単純にカットして磨くよりもやるべきことが多くあります。

宝石の熱処理は非常に一般的ですが、オパールを加熱しても実際の効果はないようです。 熱処理はオパールの品質を改善したり損なうことはありません。 オパールは水分含有量が比較的高いため、水に入れたり日光から遠ざけたりする必要があると考えられ、加熱すると爆発するが、これは通常考えられるほど大きな問題ではないようです。

オパールはどのようなジュエリーに適していますか?

オパールのジュエリーのアイデア
オパールのジュエリー

オパールのモーススケールは5.5から6.5で、サファイアのランクは9で非常に高くなっています。これにより、オパールはガラスと同じレベルの硬度になるため、オパールを使用する前にこのことを考慮してください。 モーススケールの詳細については、こちらの記事をご覧ください!

伝統的なダイヤモンド以外の宝石を使用した婚約指輪は、最近非常に人気のある選択肢になりつつあり、オパールは婚約指輪に理想的な選択肢です。 リングにオパールを選択する場合は、低ドームのカボションタイプを使用し、それを打ったり割ったりする可能性を最小限に抑え、保護ベゼルを使用することを検討してください。 おそらく、ボルダーオパールは、ブラックオパールやホワイトオパールよりも耐久性が高いため、最良の選択であるはずです。

それほど頻繁に着用されないジュエリーでは、オパールはその見事な美しさと多様性のために素晴らしい選択をします。 ペンダント、イヤリング、ネックレスも脱落する可能性が少ないため、これらはオパールの宝石に適しています。

オパールの宝石を金属ケースに入れることを考えている場合、金属の選択は所有者の決定次第だが、オパールの色の多様性のおかげで、常に一致する合金があります。

大きなブラックオパール、ボルダーオパール、マトリックスオパールは、本当に際立つ手作りのアートワークを作成するのに最適です。 これらの宝石は通常の楕円形で見つけることができるが、時には奇妙な形、テクスチャー、深さでも見つけることができます。

オパールについての事実をご存じですか?

  • オパールは10月の誕生石です。 さまざまなスタイルと色で、10月生まれの贈り物としてあなたの恋人に合う宝石を必ず見つけることができるでしょう。 それとも、10月に生まれたのなら、なぜあなたのためにこの宝石を買わないのですか?
  • クーバーペディは世界最大のオパール採掘サイトの1つだが、どのようにしてその名前を取得しましたか? この名前は実際には「穴の中の白人」を意味するアボリジニのフレーズ「kupa piti」に由来したため、ペディ氏にちなんで名付けられたというわけではありません。 これは、初期の探鉱者がオパールを採掘したか、この地域の新しい入植者がしばしば激しい暑さから逃れるために穴を掘って掘ったという事実を指している可能性があります。 オパールが発見された町は、1920年代にクーバーペディと名付けられました。
  • クーバーペディの人口の半数は、今日まで夏の間は涼しく保つために地下に住んでいます。
  • オーストラリアのもう1つの有名なライトニングリッジという鉱山の町の名前は、奇妙な方法でその名前を取得しました。 現在、あそこは世界のほとんどのブラックオパールの供給源だが、1870年代に、稲妻がある農夫、彼の犬、200頭の羊を殺したと思われたので、この町の名前はその事件によって名付けられました!
  • オパールは14周年記念の結婚式の石です。 あなたの夫または妻への完璧な贈り物です。
  • 火星でオパールが発見されました! この不毛の惑星の状態は、現代のオーストラリアの砂漠と比較されているため、この発見に驚かないでください。
  • オパールの宝石業界は本によってほぼ台無しにされました。 1829年に書かれたウォルター・スコットの小説「アンのゲアンシュタイン」には、少女のオパールの宝石に聖水がかかり、数日のうちに彼女が死んだというエピソードが含まれています! ウォルター氏の本は当時非常に人気があったため、宣伝はヒロインの不幸について激怒し、オパールの不運を非難した。 売り上げは何十年も急落しました。
  • ビクトリア女王は、家族にオパールの宝石を贈り、頻繁に身に着けることで貿易の回復を助けました。
  • 最も価値のある色の組み合わせは何ですか?すべてのオパールの色の組み合わせの中で最も希少で最も価値のあるものは赤と青です。なぜなら、それらは色スペクトルの両端から来ているため、そのような球形の構造を持つオパールを見つけることはほとんど不可能だからです。
  • オパールは、両面に異なる色の両面がある場合があるため、非常にユニークな宝石になります。
  • オーストラリアのクーバーペディの町は、映画のように見えます。 1985年にメルギブソンとティナターナー主演のマッドマックス「ビヨンドザサンダードーム」がそこで撮影されました。
  • オパールはどれほどまれですか? オパールの素材はこの惑星では非常にまれであり、オパールのフィールドから採掘されたすべてのオパールの約95%は一般的またはポッチであり、実質的に価値のない基本的に単色の岩です。 残りの5%にはある程度の色があるが、その約95%は平凡です。 したがって、実際の値を持っているのは約0.25%だけです。

オパールのお手入れ方法

硬度が5.5点から6点までのオパールは、宝石にとっては比較的柔らかいが、奇妙な衝突や硬い表面をたたくのに耐えるのに十分な耐久性があるが、そのような乱用を避けるべきです。 それが、身体活動、特に家庭の清掃、スポーツ、またはガーデニングの前に宝石を取り外すことが常に推奨される理由です。

オパールには、カットストーンとポリッシュストーンの2種類があります。ソリッドオパールとダブレットオパールまたはトリプレットオパールです。 それらのお手入れ方法は少し異なります。 固体オパールは水で損傷することはないが(何らかのハイドロカッターで爆破していないと仮定します)、非常に乾燥した状態または急激な温度変化によって損傷を受ける可能性があります。 銀行の預金ボックスは乾燥した場所として有名なので、湿った布の付いたビニール袋は損傷からの優れた保護手段になります。 日光や除湿された部屋でオパールを長時間放置しないでください。

ダブレットオパールとトリプレットオパールは、接着剤とバッキング材を使用するため、少し違うお手入れ方法が求められています。水に長時間浸すと、バッキングを持ち上げたり、トップクリスタル層を曇らせる可能性があるため、良いアイデアではありません。

オパールを保管するときは、オパールを引っかいたり、欠けたり、破損したりする可能性のある硬い素材から遠ざけてください。 追加の保護のために、それらを個別の布製バッグまたは箱に入れて保管してください。

注意:超音波洗浄器は、宝石の割れ目を引き起こし、悪化させるだけでなく、宝石を緩め、宝石がケースから落ちる可能性があります。 アメジストは高温にさらされるべきではないため、アメジストの洗浄にはスチームクリーナーを使用しないでください。 柔らかい布と、必要に応じて中性洗剤または洗剤のみを使用してオパールを掃除してください。

本物のオパールを持っているかどうかはどのようにわかりますか?

この宝石は本物ですか?

信頼できる宝石商から認定宝石を購入するのが最善の方法であることは明らかだが、素晴らしい宝石や掘り出し物を探しているときは、これが常に可能とは限りません!

すべての貴重な宝石と同様に、怪しいディーラーが合成石や偽の石を販売しようとする可能性があります。 オパールも例外ではないが、オパールの洗練された化学構造により、不正行為を防ぐことができます。

ダブレットとトリプレットのオパールを見てみましょう。 誰かがそれを固体の宝石として販売しようとしない限り、これらはとにかく偽物ではありません。 最初にボディカラーの色相を確認します。白または透明の場合、実際のダブレットとトリプレットのオパールは暗い背景を作成するために黒の裏付けがあるため、本物になることはほとんどありません。

側面から石を見てください(宝石がケース内に隠れている場合は、それを取り除くように頼んでください)。もし、2層または3層の色が見える場合、あなたの宝石は本当のダブレットまたはトリプレットオパールです。

石の裏も調べてください。 硬質プラスチックコーティングはトリプレットを示唆しており、簡単に見つけることができるが、ポッチや岩の自然な材料を見分けるためにより難しくなります。 ポッチは、黒または無色のオパール素材であり、本当の価値はないと考えられています。 もう一度側面から確認してください。オパールと裏地の接合部が平らで、それでも接着されている場合、凹凸があり複雑な場合はおそらく自然です。

上から見ると、オパールはトリプレットであり、別のインジケーターである側からオパールの上部を見ることができる場合、少しガラス状に見えます。 繰り返すが、ダブレットとトリプレットは、前述の特性をすべて明らかにできる限り、非常に高品質の宝石になります。

合成オパールは、1974年に研究所で玉虫色の色で作成され、同じ年に色を提供する金属ホイルでガラスオパールが導入されました。 オパール石はもう1つの模造品で、今回はプラスチック製です。 化学反応を使用してオパールを「成長」させる方法もあり、これらは本物と見分けがつかない可能性がないが、宝石業界への脅威とは見なされていません。 人工のバージョンは品質が異なるが、カラーリングは秘密を漏らすことができます、パターンはしばしば完璧すぎ、実際の宝石のようなパターンにはギャップがなく、おそらく石の顔全体に規則正しいパターンが繰り返されます 。

価格をガイドとして使用してください。 オパールは希少な半貴石であるため、その価格は宝石の品質を反映する必要があります。 信じられない価格で販売されているプライム宝石を見たら、それはおそらく偽の宝石なので、そのような「掘り出し物」を買わないでください。

これは、偽の宝石を見つける方法に関する完全なガイドではないが、役立つかもしれません。

GemSelectでは、現在、アジア宝石学会(AIGS)とブラファ宝石研究所(BGL Lab)の2つの有名な独立した宝石研究所から取得できる簡単な識別レポートを提供しています。

どうしてオパールはそんなに特別なのですか?

多様な色とその結晶構造は間違いなくこの興味深い宝石の決定要因です。 特異なことに、オパールはアモルファスです。つまり、定義された結晶配列がないため、あらゆる種類の奇妙な形になる可能性があります。 その小さな球体は、光を透過させず、虹のすべての色を跳ね返すことにより、人間の目を欺いて明るい色のスペクトルを見させます。 最後に、オパールは雨によって作られたため(最新の理論が理にかなっている)、雨が岩の表面に滴り落ち、亀裂に浸透し、乾燥してシリカゲルが残り、数千年にわたってオパールに硬化します。 これは特別な事実ではないでしょうか!

オパールの色は変わりますか?

これは奇妙な質問のように思えるかもしれないが、いくつかのオパールの宝石は、異なる光源の下で見た場合、色の明確なまたは劇的な変化を示すことができます。 たとえば、ガーネットは、電気または人工の光の下で見ると、赤く見え、外に出て日光にさらされると、突然緑になります! この顕著な効果は、アレキサンドライト、色変化ガーネット、色変化サファイアなどのいくつかの宝石でのみ発生します。 しかし、この変色の効果はオパールでは発生しません。

オパールは、異なる角度から見ると色が変わるが、異なる光源の下で見ると実際には色が変わりません。 しかし、蛍光灯の下で一部のオパールを見ると、蛍光灯が完全な色のスペクトルを持たないため、色の遊びの効果が低下する可能性があり、そのため一部の色相が失われる可能性があります。

良質のオパールはどのように見分けることができますか?

膨大な種類のオパールはほとんど信じられないが、同時に誰の好みも異なるため、どの要因が良いオパールを決定するかをどのように言えますか? 本物のオパールをどのように見分けるか、どの色が最も価値があり、どこが最良のソースであるかを説明しました。 宝石は評判の良い供給源(良質のオパールを選択する上で非常に重要な要因)からのものであり、偽物ではないと仮定しましょう。 最初にあなたはそれの外観が好きですか? あなたの手に快適に感じていますか? その力と寿命を感じられますか? もし、前述のすべての質問に答えることができたら、あなたのための宝石を見つけることができるはずです。

稼いだお金に値するために、どのオパールを購入すべきかを理解できるように、チェックリストを作成しましょう。

適切なオパールの宝石を選ぶためにすべきことは次のとおりです。購入したいオパールの種類(ブラック、ホワイト、クリスタル)を決定し、色の遊びの効果の存在とその強度/範囲を調べます。 次に、メインの色と模様、透明度を調べる必要があります。 オパールは曇りすぎず、割れ目がなく、含有物が多すぎてはならないことを確かめてください。 最後に、宝石のカットを調べます。そのカットは十分に対称的ですか? オパールの厚さ、長さ、幅は適切ですか? あなたの宝石はあなたが好む光沢に磨かれていますか?

あなたは宝石と一緒に暮らしたり仕事をしたりするので、最終的な選択は常にあなた次第です。

オパール-宝石学的特性

化学式:

SiO2_nH2O-含水二酸化ケイ素

結晶構造:

まとまりのない; 腎臓またはブドウの形をした集合体

色:

すべての色、部分的な色の遊び

硬度:

モーススケールで5.5〜6.5点

屈折率:

1.37から1.52まで

密度:

1.98から2.50まで

劈開:

なし

透明性:

透明から不透明

複屈折:

なし

光沢:

ワックス状、樹脂状

蛍光:

ホワイトオパール:白、青、茶色、緑。 ファイヤーオパール:緑いろから茶色

  • 初刊: 2月-04-2020
  • 最終アップデート: 2月-11-2020
  • © 2005-2020 GemSelect.com all rights reserved.
    ウェブサイト上のテキストまたは画像を GemSelect.com (SETT Company Ltd.)の許可なく使用することは固く禁じられています。.
その他の形状
人気の宝石
  • サファイア
  • エメラルド
  • ルビー
  • アクアマリン
  • ジルコン
  • オパール
  • トパーズ
  • トルマリン
  • ガーネット
  • アメジスト
  • シトリン
  • タンザナイト
すべての宝石 (144)
  • アイオライト
  • アイドクレース
  • アクアマリン
  • アクチノライト キャッツアイ
  • アパタイト
  • アベンチュリン
  • アマゾナイト
  • アメジスト
  • アメトリン
  • アルマンディンガーネット
  • アンデシン ラブラドライト
  • アンモライト
  • インペリアルトパーズ
  • エメラルド
  • エンスタタイト
  • オパール
  • オブシディアン
  • カイヤナイト
  • カラーチェンジガーネット
  • カラーチェンジサファイア
  • カラーチェンジダイアスポア
  • カラーチェンジフローライト
  • カルサイト
  • カルセドニー
  • カーネリアン
  • ガーネット
  • キャッツアイの宝石
  • キャッツアイアクアマリン
  • キャッツアイアパタイト
  • キャッツアイオパール
  • キャッツアイオーガイト
  • キャッツアイスキャポライト
  • キャッツアイムーンストーン
  • クォーツ
  • クォーツ キャッツアイ
  • クリソコラ
  • クリソプレーズ
  • クリソベリル
  • クロムディオプサイド
  • クロムトルマリン
  • クンザイト
  • グランディデライト
  • グロッシュラライト ガーネット
  • コーネルピン
  • ゴールドベリル
  • サファイア
  • サンゴ
  • サンストーン
  • サーペンティン
  • シトリン
  • シリマナイト
  • シリマナイトキャッツアイ
  • ジェダイト
  • ジェード
  • ジャスパー
  • ジルコン
  • スキャポライト
  • スギライト
  • スコレサイト
  • スターガーネット
  • スターサファイア
  • スターサンストーン
  • スターストーン
  • スターディオプサイド
  • スタームーンストーン
  • スタールビー
  • スターレモンクォーツ
  • スターローズクォーツ
  • ストロベチークォーツ
  • スノーフレーク・オブシディアン(黒曜石)
  • スピネル
  • スファレライト
  • スフェーン
  • スペクトロライト
  • スペサルティン ガーネット
  • スミソナイト
  • スモーキークォーツ
  • セラフィナイト
  • ソーダライト
  • タイガーズアイ
  • タイガーズアイマトリックス
  • タンザナイト
  • ターコイズ
  • ダイヤモンド
  • ダブレットオパール
  • チャロアイト
  • チョコレートオパール
  • ツァボライトガーネット
  • デマントイド ガーネット
  • デンドリティックアガート
  • トパーズ
  • トルマリン
  • ドゥルージー アズライト
  • ドルジーアメジスト
  • ヌーマイト
  • ハイアライトオパール
  • ハウライト
  • バリサイト
  • パイライト
  • パイロープガーネット
  • パール
  • ヒデナイト
  • ピーターサイト
  • ファイアーアガート
  • ファイアーオパール
  • フローライト
  • ブラックオパール
  • ブラッドストーン
  • プレナイト
  • ヘソナイトガーネット
  • ヘマタイト
  • ヘミモルファイト ドゥルージー
  • ベリル
  • ペリドット
  • ホークスアイ
  • ボルダーオパール
  • マウ・シット・シット
  • マザーオブパール
  • マトリックスオパール
  • マラカイト
  • マラヤガーネット
  • マリガーネット
  • ミスティッククォーツ
  • ミスティックトパーズ
  • ムーンストーン
  • メノウ
  • メノウ ジオード
  • モスオパール
  • モルガナイト
  • ラピスラズリ
  • ラブラドライト
  • ラリマー
  • ルチルクォーツ
  • ルビー
  • ルビーインフックサイト
  • ルビーゾイサイト
  • ルベライトトルマリン
  • レインボーパイライト
  • レインボームーンストーン
  • ローズクォーツ
  • ロードクロサイト
  • ロードライトガーネット
  • 化石サンゴ
  • 白鉄鉱のクォーツ
主なカテゴリー
  • 新着商品
  • 宝石のまとめ買い
  • 標準サイズの宝石
  • 宝石
  • トップグレードの宝石
  • マッチするペア
  • カボション
  • 穴あき宝石、ブリオレット、ビーズ
  • 誕生石
  • 宝石の彫刻
  • ファンシー宝石
  • スターストーン
  • 熱処理なしのサファイア
カスタマーサポートは英語のみでのご対応となります。

フリーダイアル(アメリカおよびカナダからのお電話のみ):
1-800-464-1640

国際電話:
+66-39303404

追加の商品に配送料はかかりません!
海外配送は8.90ドルです。

Update Translation
 
Current Value
New Value
GemSelect Gemstones
X ウィンドウを閉じる
Colored Gemstones
X ウィンドウを閉じる
Colored Gemstones
X ウィンドウを閉じる
Colored Gemstones
サイズとウェイト

Gems are always measured in Millimeter (mm)

Dimensions are given as;
length x width x depth,
except for round stones which are;
diameter x depth

Select gems by size, not by weight!
Gem varieties vary in density, so carat weight is not a good indication of size

Note: 1ct = 0.2g

Size Comparison Chart