search
  • サインイン
    サインアップ
  • カスタマーサポートは英語のみでのご対応となります。

    フリーダイアル(アメリカおよびカナダからのお電話のみ):
    1-800-464-1640

    国際電話:
    +66-39303404

  • 言語を変更する
  • USD

トルマリン宝石に関する情報

GemSelectでのトルマリン宝石

伝説だと見なされる宝石

トルマリンについての伝説があります。 昔から、ある恐ろしい悪霊が存在しました。彼は魅力的ではく、美しいものを見ると腹を立てます。 ある日、彼が住んでいた洞窟の端に座った時、空に多色で美しい色がする虹を見、彼の怒りは極度に達しました。 邪悪な呪文を使用することで、彼は多色の虹を捕らえて割れ目に持ち込み、それは今日まで残っていました。 探鉱者は、怒りの中でこの悪霊によって押しつぶされた壊れた虹の破片を見つけたとき、それらをトルマリンと名付けました。

リチャード・キーン、サンディエゴの宝石の棺、1906年。

トルマリンが世界で最もカラフルな鉱物と宝石になった伝統的な物語。

簡単な概要

濃い赤からパステルピンクまで、濃い緑から鮮やかな黄色と鮮やかな青まで、トルマリン結晶はすべての宝石の中で最も幅広い色の範囲を持っています。

その歴史を通して、トルマリンがルビーからサファイア、エメラルドまですべての宝石として特定されてきたことは驚くことではありません。

現代の科学者は、トルマリンをホウ素シリケート鉱物の大きなグループとして特定しています。 色の多様性は、鉄、マンガン、チタン、銅などの追加のミネラルの存在によるものです。 自然に発生する放射線でさえ、これらの美しい石の色の変化を引き起こすことが知られています。

トルマリンは世界のすべての大陸で見つかるが、主にブラジルとアフリカの多くの地域で採掘されています。 南アジアにもいくつかの優れた鉱床があり(トルマリンという名前はスリランカの古代言語であるシンハラ語に由来している)、北米ではトルマリンの高品質のサンプルがいくつか生産されました。

トルマリンは、一部の種類がダイヤモンドよりもはるかに希少であり、ダイヤモンドよりもかなり高価であるという事実にもかかわらず、半貴石の宝石と言われています。

トルマリンの色

トルマリンは、さまざまな色で独特な宝石です。 虹の全体の色は宝石の上に見ることができ、異常な場合では、2つまたは3つの色付きの見本が見つかります。 トルマリンの色によってその価値が決まります。たとえば、ブラジルの希少なネオンブルーまたはグリーンのパライバ(Paraiba)は、より洗練されたカットが1カラットあたり10,000ドル以上の価格を生み出します。

GemSelectでのトルマリン宝石
トルマリンの虹

トルマリンの色は変わりますか?

はい、そうです! トルマリン宝石の色は、宝石をさまざまな角度から見ると、薄緑からほぼ黒まで劇的に変化する可能性があります。 この現象の専門用語は「多色性」です。 これは、結晶の構造から自然に起こり、切断と硬化により強化されます。 トルマリンを切断してこの効果を最大化することは、特定の専門知識を必要とするさまざまな種類の多色性があるため、非常に熟練した技術です。 トルマリンの加工は時間がかかり、色の効果を最大限にするために石のサイズを犠牲しなければならない場合もあります。

トルマリンの品種

トルマリンは、ショール、エルバイト、リディコータイト、灰電気石、ドラバイトなど、いくつかの種に分類されます。 これらはトルマリンの最も重要な品種と考えられており、色に応じてさらに分類されます。

トルマリンの主な品種のリスト

ショール

これは、自然界で見られる最も一般的なトルマリン種で、すべてのトルマリンの最大90%を占めています。 ショールトルマリンは通常黒で、時には青や茶色の色合いがあり、宝石や宝石業界で通常使用される石ではありません。 それらの色は、化学構造に含まれる大量の鉄が原因です。

エルバイト

エルバイトは地中海島のエルバにちなんで名付けられました。このトルマリンの種はジュエリーによく見られます。 この種には、ルベライト(赤からピンクの範囲)、インディコライト(青から緑)、ベルデライト(緑)、またはアクロイト(無色)が含まれます。

ドラバイト

マグネシウムが豊富なこれらの石は、暗い茶色の黄色から茶色の黒い色までの暗い色が特徴です。 これらの宝石は、輝きがなく、透明度があまり高くなく、多くの光を反射しないため、一般的に宝石に使用されることはありません。

リディコータイト

リディコータイトは、1977年まで別個のトルマリン種として認識されませんでした。それ以前は、エルバイトと考えられていました。 その色の範囲には、ピンク、赤、緑、青、茶色が含まれ、まれに白色のリディコータイトも見られます。

灰電気石

灰電気石はトルマリンの珍しい形であり、その結晶は他のトルマリンと比較して異なった形をしています。 灰電気石は、他の美しい緑や赤茶色の結晶、またはサブメタリック結晶と比較すると、それほどカラフルではありません。

その他のトルマリンの品種と商品名

ルベライトトルマリン

ルベライトトルマリン

ピンク、赤、紫、または茶色がかった色

インディコライトトルマリン

インディコライトトルマリン

バイオレット、ブルー、ターコイズ

クロムトルマリン

クロムトルマリン

緑がかった色合い

バイカラーのトルマリンん

二色のトルマリン

2つの異なる色の任意の組み合わせ

スイカトルマリン

スイカトルマリン

緑-白-ピンク/赤

パライバトルマリン

パライバトルマリン

ネオンブルーグリーン、ターコイズから緑までの輝く色

いくつかの宝石には複数の色があるが、最も求められているのはスイカトルマリンであり、一端が緑色で他端がピンク色です。 最も貴重な種は、1989年に発見されたブラジルの地域にちなんで名付けられたパライバトルマリンという希少なネオンブルーのトルマリンです。

トルマリンの硬度

モース硬度計は、さまざまな鉱物の耐引掻性を比較する便利な方法として使用されます。 この硬度計は、1800年代初期にドイツの地質学者であったフリードリヒモースによって開発されました。 ミネラルは、指の爪、銅のコイン、鋼鉄の釘など、いくつかの一般的な材料による引っかきに対する耐性に応じて評価されます。 硬度計は、タルクなどの物質を1の格付けで下部に、ダイヤモンドを10の最大格付けで上部に格付けします。トルマリンは、硬度計の上部に向かって7から7.5に格付けされ、硬度がかなり高いので、この宝石は簡単に手入れることができます。 そしてジュエリーにもよく使用されます。 ここで参照できるモースの硬度計と宝石の耐久性に関する非常に詳細な記事が作成されました。

トルマリンの治療特性

貴石と宝石は長い間癒しの特性と精神性に関連付けられてきました。トルマリンは信者によると最も強力な宝石の一つであると考えられています。 これらの宝石の有効性を証明できる科学的な検証はないが、多くの人はその効果を確信しています。 トルマリンは非常に多くの色があるため、身体のさまざまな部分に影響を与えることができると考えられています。 物理的には、緑のトルマリンは免疫系を強化し、黒のトルマリンは関節炎の痛みを和らげ、足、足首、脚、背中の痛みを和らげます、赤のトルマリンは心臓、循環、生殖系を助け、青のトルマリンは喉の部分に役立ちます ピンクのトルマリンは心臓の問題の緩和に役立ちます。

自身を守る

歴史を通して、人々は宝石の力を活用して身体、心、精神を癒し、保護と勢いを得るために宝石を身に着けてきました。 トルマリンは、強力な癒しと保護のエネルギーを提供でき、精神的と感情的な力を持っている宝石だと知られています。 また、さまざまな色には独自の治療特性があります。 黒いトルマリンは、困難な時期に着用者に自信と強さを与えます。 ピンクのトルマリンは心と愛の問題に関連し、ブルーのトルマリンは心を開いて誠実さを促します。 緑のトルマリンは、ピンクのトルマリンの女性に対する男性的な反応であり、強さ、勇気、スタミナを高めることができる最強の結晶と考えられています。

免責事項:形而上学的、または結晶の代替の治療特性は、確認されたアドバイスとはみなされません。 基本的には、宝石についての儀式と神話の伝承はさまざまなリソースから収集され、SETT Co., 株式会社の唯一の意見を表すものではありません。これらの情報は、医師の助言に代わるものではありません。 病状がある場合は、資格のある医療専門家にご相談ください。 GemSelectは、癒しまたは占星術の誕生石の力に関する主張や声明を保証しないため、いかなる状況でも責任を負いません。

トルマリンは処理できますか?

はい、処理できます。 熱処理は、宝石の色を変えたり、透明度を高めたりするために使用される非常に一般的な方法です。 このプロセスにより、色を明るくしたり暗くしたりできます。 熱処理には、華氏500〜700度の温度を使用する特殊な機器を使用して数日かかります。 GemSelectのスタッフが、どの宝石が処理されたか、どのように処理されたかをお知らせしますのでご安心ください。 熱処理に代わるものとして、トルマリンはその着色を高めるために照射によって処理することもできます。 この処理方法はトルマリンではめったに使用されないが、基本的には可能です。 宝石は、電子、中性子、またはガンマ線で投影され、宝石内のミネラルを拡散させてより明るい色を作り出します。 このプロセスにより、完全に安全な宝石が得られます。

トルマリンの価格

トルマリン宝石の価値は、サンプルの希少性とエキゾチックさに応じて、数ドルから(一般的なタイプ)非常に高い価格まで、どの価格もあります。

トルマリンの価格の表

重量の範囲 価格の範囲/米ドル

青い

1カラット

200-1000ドル/カラット

ピンク

1カラット

60-150ドル/カラット

ピンク

2カラット

100-350ドル/カラット

1カラット

15-80ドル/カラット

2カラット

20-150ドル/カラット

バイカラー

1カラット

70-300ドル/カラット

スイカ

1カラット

100-400ドル/カラット

ルベライト

1カラット

100-400ドル/カラット

黒い

1カラット

4-6ドル/カラット

最も高価なトルマリンは何ですか? 特定の種類のトルマリンはもっと高価ですか? 赤、青、緑の色の明るい純粋な色合いがするトルマリン宝石は、一般的に最も価値のあるバリエーションだが、キュープライトトルマリンまたはパライバトルマリンの鮮やかな緑から青の色合いは非常に例外的であり、それ自体が明確なカテゴリに属します。 パライバトルマリンの人気を高めているのは、そのユニークな内部の輝きです。 この宝石には、ネオンまたは電気としか言いようのない輝きがあります。 この輝きは、各宝石の化学組成に含まれる微量の銅に起因します。 最も高価な宝石は、カラットあたり数万ドルを引き出すことができます。 2011年にペデルネイラ鉱山で発見された「The Great Divide」という石は、独自の名前を持つほどユニークで、120万ドルと評価されています。 GemSelectには、より手頃な価格で販売されている多くの絶妙なサンプルがあります!

別の非常に高価なトルマリンは、クロムトルマリンです。この宝石は色が緑色ですが、より一般的で安価なグリーントルマリンと混同しないでください。通常のグリーントルマリンは鉄不純物の存在から色を受け取り、クロムトルマリンは微量のクロムから鮮やかな色を受け取ります。あなたの宝石は、比較的一般的なグリーントルマリンであるのか、それともよりまれなクロムトルマリンであるのか?どうやって違いを見分けることができますか?主に緑色のトルマリンを所有しており、その色がクロムまたは鉄の存在によるものかどうかを知りたい場合は、チェルシーフィルターとして知られる特別なフィルターを購入するだけです。このフィルターを通して宝石を調べることができます。宝石にクロムが含まれている場合、赤く光ります。宝石が鉄の不純物で着色されている場合、フィルターを使用して表示すると宝石の色は変わりません。クロムトルマリンは主にタンザニア、ケニア、アフリカの他の地域で採掘されているが、ミャンマー、アフガニスタン、ブラジルでも発見されています。

GemSelectでのクロムトルマリンの宝石
自然のクロムトルマリン

トルマリンはいつから見つかりましたか?

トルマリンは古代地中海で知られていました。 紀元前200年から300年頃にインドで彫られたアレキサンダー大王の姿により、トルマリンが発見された時点を確認することができます。

人々は、数千年ではないとしても何世紀にもわたってトルマリンの宝石の採掘、切断、研磨を行ってきました。 トルマリンはその素晴らしい多様な色のために、エメラルドやルビーなどの他の宝石と間違えられることがよくあります。 1800年代になって初めて、科学者はトルマリンが特定の種類の鉱物であることに気付きました。 トルマリンの名前は、シンハラ語の「Toramali」という言葉に由来します。これは、混合宝石または混合石を意味します。 より最近(正確には1980年代)に、Heitor Dimas Barbosaのおかげでパライバトルマリンが発見されました。 彼は、これらの鮮やかな青または緑の石を発見する前に、ブラジルのパライバ州の丘の採掘に10年を費やしていました。 パライバトルマリンは、すぐに世界で最も望まれている高価なトルマリンとなり、その鉱山はすぐに使い果たされました。 面白いことに、大西洋を越えてブラジルに面しているナイジェリアは、非常に似た色の石を生産し始めています。

トルマリンはどこで見つかりましたか?

トルマリンの宝石は、南北アメリカ、北のメイン州とカリフォルニア州、南のブラジル、アジアのミャンマー、アフガニスタン、スリランカ、そしてサハラ以南のアフリカで採掘されています。 原石は通常、河川の堆積物から採掘され、トルマリンは多くの場合、1つの採掘場所から生産されるさまざまな鉱物の1つです。

ブラジルのカリフォルニアのヒマラヤ鉱山、メインのマウント・ミカ鉱山、またはクルゼイロ鉱山から採掘されたトルマリンは、高品質で多くの積極的な評判を得ています。 しかし、すべての鉱山が幅広い品質を生み出していることを忘れないでください。 有名な鉱山から採掘されたトルマリンは、良質であることを意味するものではありません。 GemSelectは、宝石が採掘された場所に関係なく、すべての宝石の品質に責任を負います。

トルマリンの採掘場所のリスト

  • アフガニスタン
  • オーストラリア
  • ミャンマー(ビルマ)
  • インド
  • イタリア、エルバ
  • マダガスカル
  • マラウイ
  • モザンビーク
  • ナミビア
  • ネパール
  • ナイジェリア
  • パキスタン
  • ロシア
  • スリランカ
  • スイス、テシン
  • タンザニア
  • アメリカ
  • コンゴ民主共和国(ザイール)
  • ザンビア
  • ジンバブエ

トルマリンはどのように形成されましたか?

トルマリン結晶の最も顕著な例は、熱水活動によって形成されます。 結晶は、熱水と蒸気がトルマリンを形成するのに必要な元素を岩の割れ目に運ぶときに生成され、結晶が成長するためのオープンスペースを提供します。 これらの空洞は、微小から巨大な結晶を生成する可能性があります。 トルマリン結晶は普通に、ペグマタイトとして知られるマグマを冷却することによって形成された古代の火成岩に見られます。

トルマリンの採掘

トルマリンは、世界のさまざまな地域で、ソースの種類に応じてさまざまな方法で採掘されています。 いくつかのソースはプライマリです。つまり、結晶は、最初に形成された鉱脈またはペグマタイトから直接採掘されます。 つるはしまたは手で抽出されます。 他のものは沖積土です。つまり、トルマリン結晶は風化と侵食によって元の源から運び去られました。 これらの宝石は、河床や浜辺から手で集めたり、土壌でふるいにかけたり、水中でパンしたりすることができます。

トルマリン-宝石学的特性

化学式:

Na(Li1.5Al1.5)Al6(Si6O18)(BO3)3(OH)3(OH)
エルバイト:Na(Li1.5、Al1.5)Al6Si6O18(BO3)3(OH)4
ドラバイト:NaMg3Al6Si6O18(BO3)3(OH)4
リディコータイト:Ca(Li2Al)Al6Si6O18(BO3)3(OH)3F
クロムドラバイト:NaMg 3Cr6Si6O18(BO3)3(OH)4

結晶構造:

三角、 三角形の断面と丸い側面を持つ長い結晶構造、軸に平行な明確な縞模様

色:

全ての色

硬度:

モース硬度計で7-7.5点

屈折率:

1.614から 1.666まで

密度:

2.82 から3.32まで

へき開:

不明

透明度:

透明から不透明

複屈折:

-0.014から-0.032まで

光沢:

硝子体

蛍光:

弱い、またはなし

トルマリンは非常に複雑な分子構造を持っています。 その化学はジョン・ラスキンによって「評判の良いミネラルを作ることよりも医師の処方薬に似ている」と言われています。 加熱または摩擦すると、トルマリンは電荷を獲得し、ほこりやその他の軽量の物体などの小さな物体を引き付けます。 このため、電気機器でトルマリンを使用して圧力計を製造しています。 この特性は、「焦電性」、正当な魔法の特性として知られています。 この特性の科学的証拠の最初の記録は、18世紀のスウェーデンの植物学者あったCarl Von Linneの研究に述べられました。 彼はトルマリンを「電気石」と呼びました。

トルマリンはどのようなジュエリーに適していますか?

トルマリンにはさまざまな色があり、欠けたり、割れたり、壊れたりすることのない硬い宝石と考えられているため、ペンダント、イヤリング、ブレスレット、指輪用の優れた石になります。 さらに、トルマリンのカットも非常に多様です。 楕円形、洋ナシ形、長方形、さらには八角形に切断することができ、おそらくトルマリンは宝石の最も用途の広い例になります。 自然に発生する猫の目の宝石には多くの色がありますが、特にピンクと緑の色相で一般的です。 これらの宝石は通常、カボションまたはドームの形にカットされます。

トルマリンのお手入れ方法

トルマリンは、引っかき傷や割れに強い硬い宝石だが、急激な打撃や急激な温度変化から保護する必要があります。 トルマリンは硬度スケールの上位レベルにあるが、硬度スケールでさらに高く、傷を引き起こす可能性のある他の宝石と一緒に保管することは推奨されません。

トルマリンジュエリーは、家庭用の食器用洗剤と水の穏やかな溶液で洗浄できます。 石を温かい石鹸水に10〜20分間浸し、柔らかい歯ブラシで優しくしっかりとこすります。 保管する前に注意深く乾燥させてください。 GemSelectは、超音波またはスチームクリーナーの使用を推奨していません。

トルマリンに関する面白い事実をご存知ですか?

トルマリンを贈って結婚8周年を祝うのは常識であることです

  • トルマリンは静電気です。つまり、トルマリン結晶を加熱または冷却するか、または摩擦すると、一端がマイナスになり、もう一端がプラスになります。 充電すると、結晶はダスト粒子を引き付けます。 これはオランダの商人たちに知られていました。オランダの商人たちは、トルマリンを使って古い灰を彼らの「Meerschaum」パイプからきれいにし、この宝石を「アシェントレッカー」または「灰プーラー」と呼びました。
  • トルマリンは別の宝石の一部である可能性があります。 介在物とは、結晶、通常は固体、気体、または液体の内部にある物質です。 面白いことに、トルマリン自体は、クォーツなどの他の宝石の内部に含まれている可能性があります。 これらのクォーツは、これらの興味深いトルマリン包有物を紹介するために、通常はドーム型(カボション)で磨かれた宝石になります。
  • トルマリンはしばしばルビーと間違えられます。 ロシアの王冠の宝石にある強烈な赤いトルマリンのカボションは、何世紀にもわたってルビーと考えられていました。
  • トルマリンはしばしばエメラルドと間違えられます。 現在ベルデライトとして知られている一種のトルマリンは、長年にわたってエメラルドとして採掘され、販売されていました。
  • キャッツアイトルマリンは、ジェムストーン内の平行な繊維状または針状の介在物の結果であり、結晶を通る光の通過を妨げ、散乱して、細い線として目に反射します。 これにより、猫の目のような外観が作成されます。 これは多くの色で発生する可能性があるが、特にピンクと緑の色相で一般的です。
GemSelectでのキャッツアイトルマリンの宝石
キャッツアイトルマリン

トルマリンは誕生石ですか?

はい、その通りです。

10月には、オパールとトルマリンである誕生石が1つではなく2つあります。 カラフルなトルマリンには、色合いに応じてさまざまなパワーがあります。 これらの非常に汎用性の高い宝石のいずれかを自分自身または愛する人のためにご購入ください。 どちらも、すべての人にぴったりのさまざまな色があります。 トルマリンは、8周年記念の伝統的な宝石でもあります。

本物のトルマリンはどのように見分けることができますか?

宝石の真正性を確認する唯一の方法は、屈折率テストまたは比重テストを使用した専門的なラボテストを実施することです。 スクラッチテストでは、拡大鏡またはルーペを使用して、自然に発生した介在物をチェックします。 あまりにも安く売られている宝石は懐疑的に見られるべきです。 GemSelectでは、現在、アジア宝石科学研究所(AIGS)ブラファ宝石研究所(BGLラボ)の2つの有名な独立した宝石研究所の選択からの簡単な識別レポートを提供しています。

トルマリンの他の呼び方

  • アフリザイト
  • アフリサイト
  • 灰の引き出し
  • ブルー・ショール
  • セイロンペリドット
  • カメレオナイト
  • イオクロイト
  • タルタライト
  • トゥルマリナイト
  • トルマリン
  • ゼウサイト
  • ゼウサイト

自分で採掘してみてください

まれなトルマリン宝石を自分で見つけたいですか?もしやりたい場合は、カリフォルニアのパラに訪れてください。わずかな費用で土壌を掘り、トルマリンのサンプルを探すことができます。

  • 初刊: 3月-02-2020
  • 最終アップデート: 3月-03-2020
  • © 2005-2021 GemSelect.com all rights reserved.
    ウェブサイト上のテキストまたは画像を GemSelect.com (SETT Company Ltd.)の許可なく使用することは固く禁じられています。.
その他の形状
人気の宝石
  • サファイア
  • エメラルド
  • ルビー
  • アクアマリン
  • ジルコン
  • オパール
  • トパーズ
  • トルマリン
  • ガーネット
  • アメジスト
  • シトリン
  • タンザナイト
すべての宝石 (143)
  • アイオライト
  • アイドクレース
  • アクアマリン
  • アクチノライト キャッツアイ
  • アパタイト
  • アベンチュリン
  • アマゾナイト
  • アメジスト
  • アメトリン
  • アルマンディンガーネット
  • アンダルサイト
  • アンデシン ラブラドライト
  • アンモライト
  • インペリアルトパーズ
  • エメラルド
  • エンスタタイト
  • オニキス
  • オパール
  • オブシディアン
  • カイヤナイト
  • カラーチェンジする宝石
  • カラーチェンジガーネット
  • カラーチェンジサファイア
  • カラーチェンジダイアスポア
  • カラーチェンジフローライト
  • カルサイト
  • カルセドニー
  • カーネリアン
  • ガーネット
  • キャッツアイの宝石
  • キャッツアイアクアマリン
  • キャッツアイアパタイト
  • キャッツアイオパール
  • キャッツアイスキャポライト
  • キャッツアイムーンストーン
  • クォーツ
  • クォーツ キャッツアイ
  • クリソコラ
  • クリソプレーズ
  • クリソベリル
  • クリノヒューマイト
  • クロムディオプサイド
  • クンザイト
  • グランディデライト
  • グロッシュラライト ガーネット
  • コーネルピン
  • ゴールドベリル
  • サファイア
  • サンゴ
  • サンストーン
  • サーペンティン
  • シトリン
  • シリマナイト
  • シリマナイトキャッツアイ
  • ジェダイト
  • ジェード
  • ジャスパー
  • ジルコン
  • スキャポライト
  • スギライト
  • スコレサイト
  • スターガーネット
  • スターサファイア
  • スターサンストーン
  • スターストーン
  • スターディオプサイド
  • スタームーンストーン
  • スタールビー
  • スターレモンクォーツ
  • スターローズクォーツ
  • ストロベチークォーツ
  • スノーフレーク・オブシディアン(黒曜石)
  • スピネル
  • スファレライト
  • スフェーン
  • スペクトロライト
  • スペサルティン ガーネット
  • スミソナイト
  • スモーキークォーツ
  • セラフィナイト
  • ソーダライト
  • タイガーズアイ
  • タイガーズアイマトリックス
  • タンザナイト
  • ターコイズ
  • ダイヤモンド
  • ダブレットオパール
  • チャロアイト
  • チョコレートオパール
  • ツァボライトガーネット
  • デマントイド ガーネット
  • デンドリティックアガート
  • トパーズ
  • トルマリン
  • ドゥルージー アズライト
  • ドルジーアメジスト
  • ヌーマイト
  • ハイアライトオパール
  • ハウライト
  • バリサイト
  • パイライト
  • パイロープガーネット
  • パール
  • ヒデナイト
  • ピーターサイト
  • ファイアーアガート
  • ファイアーオパール
  • フローライト
  • ブラックオパール
  • ブラッドストーン
  • プレナイト
  • ヘソナイトガーネット
  • ヘマタイト
  • ヘミモルファイト ドゥルージー
  • ペリドット
  • ホークスアイ
  • ボルダーオパール
  • マウ・シット・シット
  • マザーオブパール
  • マトリックスオパール
  • マラカイト
  • マラヤガーネット
  • マリガーネット
  • ミスティックトパーズ
  • ムーンストーン
  • メノウ
  • メノウ ジオード
  • モルガナイト
  • ラピスラズリ
  • ラブラドライト
  • ラリマー
  • ルチルクォーツ
  • ルビー
  • ルビーインフックサイト
  • ルビーゾイサイト
  • ルベライトトルマリン
  • レインボーパイライト
  • レインボームーンストーン
  • ローズクォーツ
  • ロードクロサイト
  • ロードライトガーネット
  • 化石サンゴ
  • 白鉄鉱のクォーツ
主なカテゴリー
  • 新着商品
  • 宝石のまとめ買い
  • 標準サイズの宝石
  • 宝石
  • トップグレードの宝石
  • マッチするペア
  • カボション
  • 穴あき宝石、ブリオレット、ビーズ
  • 誕生石
  • 宝石の彫刻
  • ファンシー宝石
  • スターストーン
  • 熱処理なしのサファイア
カスタマーサポートは英語のみでのご対応となります。

フリーダイアル(アメリカおよびカナダからのお電話のみ):
1-800-464-1640

国際電話:
+66-39303404

追加の商品に配送料はかかりません!
海外配送は8.90ドルです。

Update Translation
 
Current Value
New Value
GemSelect Gemstones
X ウィンドウを閉じる
Colored Gemstones
X ウィンドウを閉じる
Colored Gemstones
X ウィンドウを閉じる
Colored Gemstones
サイズとウェイト

Gems are always measured in Millimeter (mm)

Dimensions are given as;
length x width x depth,
except for round stones which are;
diameter x depth

Select gems by size, not by weight!
Gem varieties vary in density, so carat weight is not a good indication of size

Note: 1ct = 0.2g

Size Comparison Chart